Studio φ

2018/01/02 ■初夢 ■芸能人の結婚事情 ■カメラ

初夢

28xx年、AIを始めとする技術の進化によってそれまで人間が担当していた労働や作業のほぼ全てが機械化・自動化された時代。
旧時代には到底実現し得なかったセルフデバッグ理論が発明されて以来、自動化による誤作動や不具合などのリスクはほぼゼロに等しい状態にまでコントロールされ、人々は平穏無事な毎日を送っていた。

しかしながら、人間が人間として生きていくために必須な要素"感情"、これを完全に機械化することに関してはまだ実現には至っていない。人間の感情には曖昧で不規則、非合理な部分が多すぎるのだ。
一方で機械化が進んだ時代は、皮肉にも人間に対しその"感情"を鎮静・削減するという副作用をもたらした。それも非常にゆっくりと、誰にも気付かれず体を蝕んでいく潜伏期間の長い病気のように。

今の時代、人間が操作するシステムが残っているような機械は市販されておらず、資料や博物館などでしかその存在は確認できない。
例えば自動車というものがある。文字通り自動で動く車なのだが、旧時代は人間がアクセルを踏むことで加速、ハンドルを回すことで旋回、ブレーキを踏むことで減速をしていた。今では考えられないことである。"自動"という言葉の定義がまるで変わってしまった。

だが一部の地域や特定のコミュニティでは(もちろん非公式ではあるが)今もそういった"自動"機械を好んで使っている人間がいる。

かつてドイツという国に実在した速度無制限の高速道路、アウトバーン。
その跡地では旧時代の自動車を人間が操作し、規定の地点Aから地点Bまでの到達順位を複数人で争う"レース"と呼ばれる伝統行事があった。
はじめはレースに参加する者(ドライバー)と傍観する者だけだったが、いつしか傍観者は「どの参加者が一番早く到達するか」を予想し始め、これに対し賭け金が発生することとなった。
伝統はいつしか興行となり、厳かなレースも今や盛大に執り行われるイベントとして毎日のように開催されている。

今緊張の面持ちでレースに参戦しようとしている彼女の名前はふぁい子。
ドライバーにはそれぞれ様々な参戦理由があるが、彼女の場合は少々異例で、父親が難病に罹っており、治療するための莫大な費用をレースの賞金で賄おうとしている事情がある。

ドライバーは当然ながら誰もが"勝つこと"を目標としている。勝つために戦っている。
しかしふぁい子はそうではない。"負けないこと"が彼女の最大の目標なのだ。
いつ父親の病状が悪化するのか分からない。一刻も早く治療を進めなくてはならない。常に負けられない戦い。彼女にとってレースは戦争だった。

「アタイ…絶対負けないからね」

運転席に飾られた父親の写真、彼女はそれに向かって小さくつぶやいた。

インプットしたコースの反芻、シートやミラー、ハンドルの調整、シフトチェンジとステアリングのシミュレーション…経験豊富なドライバーとしては珍しいレベルで慎重かつ丁寧に行われる彼女のルーチンが、デビュー以来334戦無敗という実績を裏付けている。

レースがいよいよ始まる。彼女の負けられない戦いが、今日も始まるのだ。

3、2、1、GO!

ふぁい子のスタートが遅れた…!ほんの少しのアクセルワークのミスだったが、普段の彼女からは考えられないミスだった……。しかしレースは始まったばかり、一瞬で気を取り直した彼女は集中力を最高潮までコントロールしていった。

ふぁい子は5位の位置で第1コーナーへ突入。定石通りアウト・イン・アウトで安定したコーナリングを見せるのは現在4位のともてぃ。理論派ドライバーの筆頭として名高い彼のレース運びに対抗するには早めに勝負を仕掛けるしかない。
ふぁい子はリスク覚悟で縁石ギリギリのベタインを果敢に攻める。コーナーを抜け、ともてぃの車をバックミラーで確認した彼女は小さくガッツポーズを決めた。

休む間もなく第2コーナー。ここはそのまま第3・第4コーナーが連続する、コース中最もテクニカルなポイント。そしてここで今回のドライバーの中でも最高クラスのテクニックを持つ3位のKOHEY。
彼にかかればどんな高難易度のコースも、設計者を嘲笑うかのような軽やかな走法で攻略されてしまう。
ふぁい子はここでも攻めの選択肢を選んだ。第2コーナーをKOHEYの後ろピッタリで周り、コーナーを抜けた直後!彼女がレース前に車のフロントバンパーに仕込んでいた槍状の突起物…通称"ツインスパイク"が火を吹いた!
KOHEY車の後輪タイヤに命中、彼の車は盛大にスピンしそのままリタイアとなった…。もちろんこれは反則である、しかしバレなければ反則ではない。彼女は自車の巧みな位置取りによって、コースに設置されたカメラの死角からツインスパイクを作動、結果誰一人真実に到達することはなかった。勝負の世界は非情なのだ-。

そして第4コーナーを抜けた先はヘアピン。ここではふぁい子のすぐ前を走る幽玄との勝負となった。"幽玄と言えばヘアピンカーブ、ヘアピンカーブと言えば幽玄"と言われるほど、彼はヘアピンに特化したドライバーである。レース中に用事を思い出してヘアピンでUターンしたエピソードはあまりにも有名。並のドライバーには難しいヘアピンのRも、彼にとってはUターンする余裕があるほどなのだ。

「仕掛けるならアタイの得意なコーナー立ち上がりしかない!」

ふぁい子はヘアピン直後、幽玄の一瞬の隙をつき、見事に彼を抜き去った!

そして最後の直線!現在トップのTomokiはアウトバーンと同じく速度無制限道路があった地ラブリバの出身。サラブレッドの彼に弱点は無く、ふぁい子とのマシン性能の差も無い。そしてゴールまでは単純な直線…通常のレースであれば絶望的な状況であった。

そう、"通常の"レースであれば。

今回のレースはいわゆる"チキンレース"なのだ。
ゴール地点をよく見ると、ゴール直後にコースが突然途切れている。先は完全な崖になっており、最後の直線で如何にスピードを出し上位に入賞できたとしても、ブレーキングが間に合わなければ…死。試合に勝って勝負に負けるとは正にこの事であろう。

「アタイ…絶対負けないからね」

彼女はいつだって負けられない、しかし今日はいつも以上に、絶対に負けてはならないのだ。

間もなくゴール、Tomokiもふぁい子もまだまだアクセルを緩めない。
崖に落ちないギリギリのブレーキングポイントは二人共把握している。マシン性能に差がない以上、そのポイントも完全に同じ。
より正確に、より近くでブレーキングをした方が勝つ、そういう勝負になった。

そして……ブレーキングポイント!
と同時にTomokiがブレーキ、ステアリングのフォローも完璧、これ以上ないベストの操作。ふぁい子は……一瞬遅れてブレーキング、マシンはほぼ並列でそのままゴール!

しかしレースは、真のゴールはこの先にある。
Tomokiの車は崖直前のギリギリで止まれるだろう。だがふぁい子は…彼女の方はブレーキが一瞬遅かった。彼女は試合に勝つために挑戦した。しかし結果が見えている状況でのこの選択は…挑戦ではなく無謀と言えるだろう。

彼女はいつだって負けられない。だがその精神的状況が、皮肉にも"勝ち"をとりに行ってしまった…。
横を走るTomokiだけがその状況を正確に把握していた。しかし彼にも他人の心配をしている余裕はない。

レースの勝敗は分からない。だがゴール後の勝敗は火を見るより明らかであった。
無謀。今回のレースは後にそう語られるであろう。

崖の直前、Tomokiのブレーキはやはり間に合った。そしてふぁい子の車は……止まった!?ふぁい子の車もまた止まったのだ。

一体何が起こったのだろうか。

絶望的な状況の中、ふぁい子だけが諦めていなかった。彼女は、彼女だけが自身の勝利を信じていた。そしてそのためだけに行動をしていたのだ。

彼女は並走するTomokiの停車を確認した瞬間、ツインスパイクを発動したのだ!
通常ツインスパイクはバンパーから前方に真っ直ぐ伸びる突起だが、強いブレーキをかけた状態の車体は前方に荷重移動が起こり、フロントが沈んだ形となる。
この状態で発動したツインスパイクは前斜め下方向、つまり地面に向かって噴出し、それがつっかえ棒の役目を果たし、第二のブレーキとして機能した。

ふぁい子は無事だった。彼女の死を確信していたTomokiが、彼女の車へと近付き、心配そうにドアを開けた。
ふぁい子はそんなTomokiを振り払って車から降り、走り出した。ゴール地点の真横に居る計測員の元へ走り向かった。

そう、彼女は負けられない。負けられなかったのだ。
勝負は…タイムはどうなったのだろうか。目測ではほぼ同時、コンマ一秒の値の勝負となるだろう。
計測員の胸ぐらを掴み、必死の形相で彼女は問い質す。

『アタイの値は!?』

という初夢を見たかった(見ていない)、ふぁいすたです。

芸能人の結婚事情

今日は親戚が集う新年会に参加してましたが、まあ毒にも薬にもならない…いや毒か(?)、つまらない時間でした…w

ほぼ1年ぶりに集う面子なのですが、お互いの近況には興味が無く共通の話題も無いため、垂れ流しになっているテレビを介してのコミュニケーションがメイン。
「あーこの人は◯◯さんと結婚したのよね」「この人××さんの娘でしょ?すごいわよね~」などなど、芸能界の結婚事情にものすごく詳しい。
1人が特筆して詳しいのではなく、誰かが発言するとほぼ全ての人が相槌を打ったり話に乗っかってきたりで、おそらく皆が皆同程度の知識を有している感じでした。
そんなにか…w

僕は部屋にテレビが無いこともあって全く知らない上興味もないので、なんというかこんな話題で盛り上がれるのはすごいなと呆れたり感心したりしていました。
しかしこれを書いている今改めて思うと、他人の趣味なんてのはおおよそ興味が持てないのが普通なので、例えば僕がバイクや山のことをつらつらと語ったりしたら、親戚一同と僕の立場が入れ替わるだけなんだろうなとw

カメラ

そんな僕が今ハマろうとしている趣味(沼)がカメラです。
登山・バイク(ツーリング)をやり始めて、出先でたくさん写真を撮っているのですが、スマホでの撮影のためどうしても画質に満足が行かず、本格的なカメラが欲しいと痛感し続けていました。
一緒に登山する面子の中にはカメラ所有者も居て、彼らが撮影した被写体と同じものを僕も撮ったりしてみるんですが、これがもうどうやっても勝てない。当たり前なんですが笑。
ここ最近その機会が増えてきて、それがトドメに繋がった感があります。12月中旬くらいから一気に色々調べ始めました。
最終的に今オリンパスのE-M5というカメラを買おうかなと思ってるんですが、値段が値段なのでビビりつつ、同モデルを解説してるブログやyoutubeなんかを見て勇気をもらってます。

僕は元々風景が好きで、旅行した際なんかも専ら風景を撮ってました。自撮りは元より、同行者も含めた人物写真が本当に無い。なんか撮りたくないんですよね…。オレ、ニンゲン、キライ…。
あと小鳥が好きなので、将来的にはバードウォッチングというかバード撮影?ルー大柴感ありますね…まあ鳥の写真も撮りたい。鳥を撮りたいワケですね(爆笑)
なんてことを上述のカメラ所有者に話したら半笑いで「鳥はヤバイ」と言われました。ヤバイらしい。
あと星も撮りたいんですよね。なんて話したらこれも半笑いでヤバイって言われました。マジでヤバそう。

最終的にはtwitterのアイコンにも使っている「シマエナガ」という鳥を撮りたいです。この鳥、北海道にしか生息しておらず(青森の最北端とかにも居る?)、しかも冬にしか活動しないという、撮影難易度が
別の意味で高い鳥です。実は以前一度冬の札幌に行く機会があり、友人2人が動物園に行ってる間に僕だけ動物園の裏にある山に入ってシマエナガ探しをしたことがあります。ちなみに結果見つけられませんでした。
シマエナガの話をすると、別に山の中だけじゃなくて普通に町中にも居るみたいです。こっちで言うスズメとかの感覚。北海道すごい。
シマエナガは最近色んなところで紹介・取り上げられてて結構認知されてきたと思いますが、まだご存じない方は是非ググって見てください。
というかググり結果を置いておきますので見てください(強制)
シマエナガ:google検索

閑話休題、というわけでカメラ買おうとしてます。このブログにも何らかの形でアップしていきたいなーと思ってます。
instagramとかFlickr?とかを使うかも(よく分かってませんが)。

[日記]

2018/01/01 ■新しい服 ■一年の計は元旦にあり ■日記とは

新しい服

古い車=中古車、新しい車=新車
古い服=古着、新しい服=???
何????????????気になって眠れないんだが??????
というわけでふぁいすたです。
2018年、明けましておめでとうございます。
今年はとりあえず3日坊主だけは防ぐために4日までは絶対に日記を更新する意気込みは強く持っていたいと思うようにしているような気がすることにしています。
今年もよろしくお願いいたします。

一年の計は元旦にあり

元旦ってのは元日の午前中なんですが、今この日記書いてるのが23:20。
まあでも「計」自体は午前中に立ててたので大丈夫ですよね?うん。
とりあえず書いておきます。
今年は数値目標をコンセプトにいくつか。

・作曲:12曲
・登山:20山
・登山:2500m
・ツーリング:15000km
・角島大橋
・サイトリニュ

とりあえず。
12曲って他の人からしてみれば余裕だと思うけど僕にとってはかなりのハイペース。
多分今までの最高記録を余裕で超えてるんじゃないかなと思います。(多くても7~8曲くらいだったはず)

日記とは

その日の出来事や思ったことを綴るものだと思うんですが、昨日の日記も然り、なんだか未来の話ばかりですね…w
今日は大晦日からほぼオールで飲んでいて朝帰り、初日の出を拝んだ後にちょっと寝てお昼前に近所の神社に初詣に行き、カメラのリサーチ(オンライン&オフライン)をしてゲームしてグダグダして今お酒を飲みながらこれ書いてます。
普通に日記Σ

今日は外気温が6度らしかったんですが、風が強くて結構寒く感じました。でも都心の方は建物の中(電車含め)が暖房効きすぎてて温度差が激しいんですよね…。着ていく服に困ります。
省エネとかエコみたいな風潮どこ行ったんだろう。まだあるのかもしれんけど家庭用のエアコンとか家電に限定されてる気がします。業務用というか、お店とか公共機関こそ意識してほしいですね。まあ多分クレーマー対策で強めにしてるんでしょうけども…。

ここ数年、大晦日~三が日くらいまでは休業するお店が増えてきてますよね。一昔前は文字通り年中無休ばかりでしたが、今日出かけた感じ結構な割合でシャッターを閉めているお店がありました。個人的には全然良いと思います。数日くらい待てますからね。

正月の風物詩(?)と言えばお餅。何だかんだ毎年お雑煮を作っているんですが、今年は作りませんでした。外を歩いていると結構な頻度で救急車のサイレンを聞きましたが、うーむ。
今僕一人暮らしなのもあって、お餅全然消費しないんですよね…。シンク下に去年の餅があったんですが、まだ行けるのかな…w

という普通の日記でした。(オチなし)

[日記]

2017/12/31 ■2017年が終わります ■バイク ■キャンプ ■登山 ■2018年

2017年が終わります

前回の日記が11月1日ですね。2016年の(倒置法)。
お久しぶりです、ふぁいすたです。2017年の(倒置法)。

何かtwitter見てたら色々な人が今年の振り返りブログを書いてたので僕も久々に書いてみようかと思った次第です。

今年はとにかく新しく始めた趣味に明け暮れた一年でした。
バイクにキャンプ、登山、今まで完全にインドア派だったのが180度変わってアウトドア志向に。
今まで気にしたことなんてほぼ無かった土日の天気予報を毎回チェックするアウトドア思考に #韻 #激ウマ #高IQ

ギター?DTM?知らない単語ですね…。

バイク

今年1月下旬くらいに納車して色々なところに行きました。
山梨の道志みち~山中湖、伊豆スカイライン、西伊豆スカイライン、房総半島、ビーナスライン、富士五湖めぐり…そして夏休みを利用して青森の十和田湖宇樽部キャンプ場まで。
一応中間目標として「夏ぐらいに十和田湖キャンプ行けたら最高」と自分のスマホにメモしてたんですが(原文ママ)、これが実現するとは我ながら思わなんだ…。
これをクリアしてしまったので日帰りツーリングはどこに行こうと対して辛くなくなりました。もちろん楽しさはそのままで。

1月デビューだったので一番寒い時期から段々暖かくなってどんどん快適になっていきました。バイク乗りはみんな冬が苦手(というかほとんどの人は冬そもそも走らない)なのですが、僕個人的には夏のほうが苦手でした…。信号待ちとかで止まると熱中症?的なぼけーっとする状態が何回かあったり、とにかく疲れた。
冬は寒いけど温泉が最高ですしね。

フェリー乗って北海道ツーリングもしてみたいし、京都・滋賀・福井・三重辺りも行ってみたい、そして現時点で一番行ってみたいのが山口県の角島大橋。ここは来年多分行くぞー。

実はアクションカメラも買って動画も撮ってるんですが、動画の編集がくっそ面倒くさくて一度もアップしてません。自分で酒飲みながら振り返ってるだけ(最高)

来年も色んなところに行く予定です。

キャンプ

こちらも今年デビュー。夏…7月だったかな、南伊豆の山奥が初キャンプでした。
虫が大の苦手な僕ですが、いざキャンプ行ってみるともちろんそんなことは言ってられず、回数をこなすうちにやはり慣れてきました。ただしスズメバチは無理。
上述した青森宇樽部キャンプ場で連泊も経験し、ソロキャンプ道具も割と充実させちゃいました。

クッカー使ったソロキャン調理も覚えつつ、今後はスキレットやダッチオーブンなどもう一歩進んだこともしてみたいです。
目的地近くの道の駅+スーパーで地元の食材(+地ビール)をメインにやってたんですが、これがまた最高でした。特にバイク乗ると当然酒が飲めないので、キャンプの時だけバッグに酒を入れられるあの背徳感というか違和感というか。
あと焚き火も本格的に挑戦してみたいですね。薪割り用の小型斧とかも買ってはみたものの、大きめの焚き火台を買わずじまいだったので本格的には着手できませんでした。

来年も継続しつつ、今年行けなかった冬キャンプにも挑戦したい。そしてテン泊登山にも挑戦したいです。

登山

これは去年デビューだったんですが、多分今年のほうが力入ってました。と言いつつ今年中盤くらいまではバイク馬鹿だったので、夏過ぎくらいから。
元々登山してた他のDTMer(もうこれ死語だったりする…?)の友人らとパーティ登山も初めました。「1回山を登ったら1takao(1つ登山用品が買える)獲得」というルールを作り、これが妙な中毒性を持っていて、新しい道具を買ったら山で試したくなる→山を登る→takaoが手に入る→ナニカ…カワナクチャ…みたいなセルフ沼にはまっていってます。

つい先日、群馬の赤城山に登ってきたんですが、これが多分今年一番高い山(1800mくらい)で、まだまだ低山しか経験がないので、来年は2000mクラスにも挑戦しようと思ってます。

2018年

あまり来年のことを言うと鬼に笑われそうなのでまた明日書くことにします(ブログ更新の口実を自然に作るブロガーの鑑)
ではでは皆様、良いお年を!(2016年分)良いお年を!(2017年分)

[日記]

2016/11/01 ■M3お疲れ様でした ■浦島太郎 ■近況

M3お疲れ様でした

というわけで10月30日のM3、無事終了しました。
飲酒コンピことSession In Precious Alcoholをご購入いただいた方々、ありがとうございました!
今回は大変ありがたいことに、コンセプトが面白かったというお声を多々いただきました。
また、外国籍の方も多数スペースにお越しいただき、「コンセプト、カコイイ」「オサケ、オサケw」などと楽しく盛り上がってくれて良かったです。

今回は設営にもちょっと工夫をこらしてみました。


こんな感じで、左側にある黒板的なやつ(カフェとかの外に置いてあるメニュー表みたいなもの)を書いてみたり、CDを斜めに立てるスタンドや、値札など、あって当然のものが今までなかった(値札は裏紙で用意してましたが…w)ので、今回作ってみたのと、何よりも右側にある空き瓶類ですね。こちら持っていってみました。
こちらも、来てくれた方がちょこちょこ反応してくれて嬉しかったですw

試聴用のiPod(10年以上使用)が、当日の朝充電ケーブルを外そうとしたら「復元する必要があります」とかダイアログが出てきて、起動不能になったことに一番焦りを感じました。
とりあえずiPhoneに新譜分のみ移して出てきましたが、帰宅後確認してみてもやはりデータ全滅、工場出荷状態に初期化する必要がありまして、多分3000曲くらい入ってたと思うんですが、全部消滅…。バックアップはこまめに取っておこうと思いました。。
そもそもiTunesと同期してなかったのが痛い。。

浦島太郎

閑話休題、M3ですが、やっぱり作品を作ってイベントに参加するのは色々刺激になりますね。スペースに来てくださった方とのコミュニケーションは元より、事前のSNSでの盛り上がりやネットラジオなど、一体感というか競争感というか、こういった流れは変わらないし大事にしたいなと改めて思いました。

あとはその事前のSNSでの話になりますが、色々チェックをしている中で、webサイトのデザインだったり技術だったり、中にはチェックしたサークルの、twitter情報を収集してスペース番号などを取得、会場のマップを自動作成するアプリを作られている方もいて、総合的な技術力の壁を感じました…。
このサイトも相当古いですしね。僕もプログラミング専従の仕事から離れて久しいので、浦島太郎状態です。ちょっとずつテコ入れしていきたいなーと思います。

近況

今更ですが、お久しぶりです
もうホントどこかの漫画家みたいに年単位での更新が当たり前になってしまいましたね…。
たまにこうして復帰するたびに、色々やりたいことを書いては消え…の繰り返しな気がしてます。
というわけで今回は未来のことは書かずに、結果だけを書こうと思いますw

何かと言うと、DTM環境の変化についてです。
Aboutのページに書いてあるんですが、あまりにも古いので一旦書き直しちゃいますね。
こちらは書き直す前のもの。
https://gyazo.com/9b728da84a37dd6d7564959587c3e6ca

うーんすごい。古い。
残ったのは2割くらいですかね…。まだあるけど使わなくなったのも消しちゃいます。

あとは何だろ…最近はビール飲んでグラブルばっかやってます。完全にダメ人間です。
FF14もやる予定なので人間ですらなくなりますね。ダメです。

2016/10/28 ■M3参加します

M3参加します

twitterでは告知してましたが、サイトでも。
飲酒コンピを出します。

2016秋M3新譜 Session In Precious Alcohol
僕はImprovisationという曲では打ち込み、ギタープレイ、mix全ての作業時に飲酒状態で臨みました。
In the daytimeの方はグラスの音入れたので割と素面。ギターの録音は結構飲んでたかもですw

今回はコンピということで、ヒヤマさん、ごーしゅさん、じょにーさん、やまもさん、つるさんに参加していただきました!
ジャズっぽい曲が多く、お酒のお供にはとても良いと思いますので是非。

M3は第一展示場D-20bでお待ちしてます。

すしーさんのあぷらじでもご紹介いただきまして、その際に委託は予定なしと言ってしまいましたが、予定変更で委託準備中です。
M3来られない方も少々お待ちいただければと思います。

[1] << 新  1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 15  | 16  | 17  古 >> [19]