Studio φ

2018/04/09 ■富山・伊予ヶ岳に行ってきました

サラダのドレッシングを買うのをいつも忘れてしまうので忘れないように心がけていたら今度は買ったかどうかを忘れてしまい一人暮らしなのにドレッシングが4本あるサラダバーふぁいすたですこんばんは!

富山・伊予ヶ岳に行ってきました

今日も今日とて山行記録。
3/24、千葉は房総半島、富山~伊予ヶ岳に登ってきました。
僕は毎回ろくに調べもせず行っちゃうんですが、これも後から調べた情報で、伊予ヶ岳は「房総のマッターホルン」と呼ばれているらしいです。

マッターホルンとは…参考 おいおいめっちゃかっこいいな本物のマッターホルン……。

というわけでこんなに切り立った岩山みたいなところに行くことになりました!

アクセス

今回もバイクで。千葉行くならバイク(車)ですねー。
アクアライン通って内房沿いをゾイゾイっと。
先日登った鋸山を通り過ぎてさらに南下、道の駅とみやまに駐車してそこから歩きます。
(駅にも何台か駐車場がありました)

JR岩井駅~富山

P3240068_01_33 というわけでJR岩井駅からスタート。ここの駅がまたいい雰囲気でした。
ローカル線は絵になるなあ。

P3240071_01_29
車道と裏道を経由し40分くらい歩いて山道っぽい感じの道へ。

P3240074_01_44
何か良い感じの洞穴?がありましたが山を優先してスルー。
こんな感じらしいですあ、行かなくて良かったかも

P3240083_01_20 舗装路はここまで。ようやくちゃんとした登山道…遊歩道?に入ります。

P3240087_01_57 サクサクっと富山終盤、山頂方面の北峰に向かいます。

P3240091_01_30 北峰展望台から。今見ると天気あんま良くなかったな…笑

P3240092_01_05 サクッと山頂踏破です。
こちらはファミリーも多く、散歩という感じでした。

富山~伊予ヶ岳

P3240097_01_57 ランチを済ませ、伊予ヶ岳方面へ下山します。
一度車道に降ります。菜の花が到るところに咲いている…先日の南伊豆で飽きるほど見たのですがやっぱり綺麗ですね。

P3240098_01_31 なーんでしょうねぇ…やっぱもう植物図鑑買うわ僕。

P3240112_01_42 これはムスカリっぽいです。「花 紫」でググった。(小学生並の検索)

P3240114_01_35 そんなこんなで車道をまたいで民家の脇を歩き、伊予ヶ岳の麓へ到着。
写真奥中央の山がそれです。実際見た感じ、大分盛ってはいますが確かにマッターホルン的な威圧感はありました。
それに加えてこの麓から山頂までのコースタイムが40分だったかな、めちゃくちゃ遠くに見えたので、二人して「ホントにぃ~??」って話してました笑。

P3240120_01_40 伊予ヶ岳は富山より余程山らしい山で、道も終始楽しかったです。

P3240123_01_28
ニョッキ!

P3240125_01_10 こちらはウツボカズラ。初めて見た。

P3240131_01_00 ここからクライマックス。看板にも書いてある通り初心者向けではない道に変わります。

P3240134_01_54
具体的にはこんな感じ。まあでも見た目以上に登りやすかったです。
このあと何回かロープ場が続きますが、ここを何と子どもを抱えて降りてくるお父さんが笑。あれはすごかったなあ。

P3240135_01_50 鎖場があると聞いていたんですが、結局ここの一瞬のみでした笑。

P3240136_01_07 到着!標高3366m。麓からここまで休憩ありで1時間、結構なハイペースでしたね…24時間マラソンのようだ…!(小数点が消えてるだけで336mです)

P3240140_01_37 山頂の展望もかなり開けてて良かったです。
周りに何もないから標高が低くても景観が良い笑。

P3240152_01_34 下山は違うルートで。こっちは何か湿度も高くぬかるんでいて、植物もジャングルみたいな感じでした。

P3240155_01_41 伊予ヶ岳裏側、急に開けた箇所が。

P3240157_01_48 もうほぼ散ってましたが、河津桜でした。ここは花見スポットとして穴場かもしれない。
ちょっと来るのが大変ですが。

P3240169_01_58 無事下山後、岩井駅近くの食堂で夕飯。ボリュームありました。お疲れさま!

まとめ

前半の富山がゆるふわだった分、伊予ヶ岳の"山を圧縮した"感じが際立って、バラエティ豊かな山行になりました。
伊予ヶ岳も同じ房総の鋸山と似ていて、急登で一気に標高稼ぐ感じなんですよね。トレーニング向きかもしれません。
今回はこのちょっと前に関東で一日集中型の雪が降った影響で、長野山梨秩父などは残雪or融雪ぬかるみが予想されたためこちらに来た感じですが、来年もまたこういう時期に来るとちょうど良いかもしれないです。
それか真夏のドM登山。

山行データ

アクセス
往路/復路ともに車(バイク):浮島JCT→アクアライン→R16→R127(内房なぎさライン)→道の駅とみやま
コースタイム
5時間17分(うち休憩50分)
活動距離
12.02km
高低差
335m
外部リンク
YAMAPログ ヤマレコログ 富山・伊予ヶ岳@20180324

関連する記事