Studio φ

2016/11/01 ■M3お疲れ様でした ■浦島太郎 ■近況

M3お疲れ様でした

というわけで10月30日のM3、無事終了しました。
飲酒コンピことSession In Precious Alcoholをご購入いただいた方々、ありがとうございました!
今回は大変ありがたいことに、コンセプトが面白かったというお声を多々いただきました。
また、外国籍の方も多数スペースにお越しいただき、「コンセプト、カコイイ」「オサケ、オサケw」などと楽しく盛り上がってくれて良かったです。

今回は設営にもちょっと工夫をこらしてみました。


こんな感じで、左側にある黒板的なやつ(カフェとかの外に置いてあるメニュー表みたいなもの)を書いてみたり、CDを斜めに立てるスタンドや、値札など、あって当然のものが今までなかった(値札は裏紙で用意してましたが…w)ので、今回作ってみたのと、何よりも右側にある空き瓶類ですね。こちら持っていってみました。
こちらも、来てくれた方がちょこちょこ反応してくれて嬉しかったですw

試聴用のiPod(10年以上使用)が、当日の朝充電ケーブルを外そうとしたら「復元する必要があります」とかダイアログが出てきて、起動不能になったことに一番焦りを感じました。
とりあえずiPhoneに新譜分のみ移して出てきましたが、帰宅後確認してみてもやはりデータ全滅、工場出荷状態に初期化する必要がありまして、多分3000曲くらい入ってたと思うんですが、全部消滅…。バックアップはこまめに取っておこうと思いました。。
そもそもiTunesと同期してなかったのが痛い。。

浦島太郎

閑話休題、M3ですが、やっぱり作品を作ってイベントに参加するのは色々刺激になりますね。スペースに来てくださった方とのコミュニケーションは元より、事前のSNSでの盛り上がりやネットラジオなど、一体感というか競争感というか、こういった流れは変わらないし大事にしたいなと改めて思いました。

あとはその事前のSNSでの話になりますが、色々チェックをしている中で、webサイトのデザインだったり技術だったり、中にはチェックしたサークルの、twitter情報を収集してスペース番号などを取得、会場のマップを自動作成するアプリを作られている方もいて、総合的な技術力の壁を感じました…。
このサイトも相当古いですしね。僕もプログラミング専従の仕事から離れて久しいので、浦島太郎状態です。ちょっとずつテコ入れしていきたいなーと思います。

近況

今更ですが、お久しぶりです
もうホントどこかの漫画家みたいに年単位での更新が当たり前になってしまいましたね…。
たまにこうして復帰するたびに、色々やりたいことを書いては消え…の繰り返しな気がしてます。
というわけで今回は未来のことは書かずに、結果だけを書こうと思いますw

何かと言うと、DTM環境の変化についてです。
Aboutのページに書いてあるんですが、あまりにも古いので一旦書き直しちゃいますね。
こちらは書き直す前のもの。
https://gyazo.com/9b728da84a37dd6d7564959587c3e6ca

うーんすごい。古い。
残ったのは2割くらいですかね…。まだあるけど使わなくなったのも消しちゃいます。

あとは何だろ…最近はビール飲んでグラブルばっかやってます。完全にダメ人間です。
FF14もやる予定なので人間ですらなくなりますね。ダメです。

2016/10/28 ■M3参加します

M3参加します

twitterでは告知してましたが、サイトでも。
飲酒コンピを出します。

2016秋M3新譜 Session In Precious Alcohol
僕はImprovisationという曲では打ち込み、ギタープレイ、mix全ての作業時に飲酒状態で臨みました。
In the daytimeの方はグラスの音入れたので割と素面。ギターの録音は結構飲んでたかもですw

今回はコンピということで、ヒヤマさん、ごーしゅさん、じょにーさん、やまもさん、つるさんに参加していただきました!
ジャズっぽい曲が多く、お酒のお供にはとても良いと思いますので是非。

M3は第一展示場D-20bでお待ちしてます。

すしーさんのあぷらじでもご紹介いただきまして、その際に委託は予定なしと言ってしまいましたが、予定変更で委託準備中です。
M3来られない方も少々お待ちいただければと思います。

2015/05/21 ■ロマサガ3アレンジCD通販開始 ■ファミコンなど11種類のゲームがプレイ可能なハード

ロマサガ3アレンジCD通販開始

こないだの2015春M3で頒布した新譜、ロマンシング・サガ3のアレンジCD「Majorem」が、あきばおーさんで委託販売開始されました!
会場に来れなかった方、気に入っていただけたら是非是非ぽちっとしちゃってください!
どうやら今なら「お一人様 5個まで限定販売」とのことなので、家と職場or学校で10枚は行けますね!ヒューwww

ファミコンなど11種類のゲームがプレイ可能なハード

レトロフリークというゲーム機が発売されるようです。
いやー素晴らしいですね。インストールできるとはいえ、元はカートリッジを差すというコンセプト。
僕はファミコンもスーパーファミコンも、ソフトは売るなり譲るなりしてしまったので、友達からソフトを借りてやろうかなと思ってますw

2015/03/15 ■新曲だぞおおおおおおお ■交流 ■Studio One

新曲だぞおおおおおおお

はい、Celestia13に間に合っ(てなかっ)た曲です。
うちのサイトよく考えたら音源の個別ページがなかったので、上部メニュー「Sound」から一番上の「トロピカル黄龍剣」をどうぞどうぞ。

Celestia13に出したものからちょこっと修正してます。特にmix。
提出を優先して途中で作業を切り上げ、とりあえず版としてアップしたものの、①曲名を決めてなかった ②コメントを考えていなかった という2つの想定外のハードルを、それぞれ原曲まんま、間に合ったかどうかの一言で切り抜けて、送信ボタンを押した時間が0:00。
ロスタイムに期待したんですが、厳密な時間管理がされており、あえなく遅刻野郎枠に。
とはいえ、何だかんだほとんど間に合った組と同じ扱いをしてもらってすごく感謝してます。
何よりね、もっと余裕持ってやれと。

もう最初から最後まで言い訳しか出てこないけど、今回からDAWを新調してるので色々勝手が分からず、そこでも時間取られてしまいました。
というわけで、今回サイトにアップしたのはちゃんとmixもして、それなりに処理も加えた段階のものです。

タイトルはTwitterで鉞丑さんからいただいたコメントを元に。僕としては原曲の疾走感を活かしつつ、楽しげな雰囲気にしたかったので、「トロピカル」は意外なワードだったけど嬉しかったです。
そしてユリアンと言えばオープニングの黄龍剣。ゲームやる前はこの技はユリアン専用だと思ってたので、僕が初プレイ時に確かウォード辺りが覚えたと思うんですが、すごく違和感ありましたw

そんなわけでトロピカル黄龍剣。

交流

Celestiaは何回か参加してますが、今回は大分久しぶり。
twitterでたくさんの感想コメントをいただき、自分も色々な曲を聞いて、新しい交流が生まれる…これってイベント主催冥利に尽きるだろうなぁと我が事のように感じてました。
しかも今回は10年近く前の僕の曲を知ってるという方からコメントもいただけて…w
やっててよかったDTM!って感じです。
サイトに曲上げたの4年ぶりなので「やってる」と言えないかもしれないけど。

Studio One

僕が乗り換えたDAWなんですが、どうやらフォロワーで使ってる人も結構多いようで。
PCも買い替えてDAW+VST起動をSSDにしたのでその恩恵もあるんでしょうが、とにかく早くて軽いです。
今まで使ってたDAWは、早さや軽さの前にまず落ちる(意図しない強制終了)ことが何よりの不満だったんですが、そこを当たり前のように回避し、僕の満足度にまでアプローチしてくるなんて…こんなDAWがあったんですね…!

オーディオの編集やら再生系のショートカットは慣れてきたので、次は打ち込みかなー。
テンキー周りや数字キーのショートカットが分かりやすいので、比較的短期間で慣れそうです。楽しみ。

2015/02/23 ■続・歴史 ■大掃除 ■影山ヒロノブが女々しくて

続・歴史

mixiのプロフィールが古すぎて衝撃的だったのでセルフツッコミ入れていこうのコーナー。第二回です。
DTM機材から。

EDIROL Orchestral

嗚呼…この辺からもう馬鹿にする以上にお世話になった感謝の気持ちが強いです。
Orchestralは最初にゲットしたオーケストラ専用音源。
入手当時でもオケ音源の中ではかなり安い方で、クオリティは当時のハード音源よりは上、ソフト音源の中では下の方って印象でした。
MUから乗り換えた当初は音色チェンジして鳴らすだけでテンション上がってた記憶があります。
打ち込みの反応も非常に素直で、特にベロシティとエクスプレッションはこの音源で勉強させていただきました。
思えばこないだ買ったバイオリンも、当時の打ち込みの知識のおかげで「音の出る原理を理解した状態」で練習できてるのかなーと。普通逆だと思うんですがw

Toontrack Drumkit From Hell Superior

ふわーこれもお世話になりましたなあ。
当時はBFDとの完全ツートップ争いで、BFDはとにかく重い・落ちると聞いてました。
DFHはそこまで落ちた印象はなかったです。落ちる時はいつもDAWから。
僕が購入する時は、BFDと迷ったわけではなく、MU2000の拡張音源の…名前忘れちゃったけどMotifと同じ音が出るとかいうやつ。あれと迷ってました。
スネアの音色でスコーンと抜けるような高音を求めていたので、BFDは何かモコモコしてて違うと感じていたのが理由です。
DFHも勉強になったなぁ。打ち込みの仕方、ドラムの構成、マイクの被り、mix…。
非常に完成度の高いUIと、クオリティの高い音色で、良ツールでした。

同 EZDrummer

上述のDFHが初心者には敷居が高いとのことで、その名の通りイージーなツール。
先にこちらから入った方はまだしも、DFHを持っている状態で購入した人はかなり物足りないというか、かゆいところに手が届かない印象だったんじゃないでしょうか。ソースは僕。
まず金物がどうしようもなくクソでした…。特にハットはMUとかと同じかそれ以下。
ヒューマノイズドが効いてるのか定かじゃないほどノッペリした音色。
クラッシュも同じく、機械チックというか何というか。
ライドは音色自体はまぁまぁだったけど、何故か音量が小さかった記憶があります。
EZDは確かマイクの被りまでは設定できなかったんじゃないかなー。
このツールの良い所は、今では当たり前になった、ドラムの打ち込みパターンをコピペできるところにありました。
これで大体のフレーズを作って、気になるところを調整して、それだけで出来上がり。
本当はマッピングをDFHに合わせて、そっちで鳴らしたかったんだけど、ベロシティとかのかかり具合も違うしマッピングとかch合わせめんどいし、結局やらなかったです。
あースネアもクソだったなぁwというか音色は何も良くなかった気がするww

AMG Kick-Ass Brass

おしきた!これは何と現役ですw
ブラス音源なんですが、Orchestralに入ってるブラスの音色が、どうもアタックが弱く、
僕の作るジャンルのスカパンクなんかではちょっと使いづらかったんですね。
そんなわけで色々探して、こちらを買いました。
これがまぁすごく自分好みで、打ち込みをバックにギターを弾いてると、ブラスのとこだけ打ち込みなのか生演奏なのか分からなくなるくらいです。まぁサンプリングなんで生演奏というか「収録した生演奏」なんですが。ややこしい。
とはいえこれはまだ使いこなせてないです。
ブラスの色々な吹き方を収録していて、多分やろうと思えばMIDIの中で音色チェンジ?みたいなのもできるはず。打ち込みギターでミュートとオープン切り替えるみたいな感じで。
僕はよくわからないので2つトラック作って使い分けてますw

MIDIA B4

オルガンの音源です。これは名器。
今のところオルガン音源でこれくらいのコスパ良い物に巡りあえてません。
ピアノもそうだけど、最近はサウンドフォント中心で探していて、良さ気なのを見つけても、いざDLして読み込んでみて鳴らしてみると…?ってなるものが多いです。
CDを店で試聴して超テンション上がって買って、家帰ってから聴くとそんなでもないアレに似てるかも。

大掃除

年末の大掃除が中途半端なままなので、何かもう普通の掃除ではありますがちまちまとやってます。
その中で、特に自分は書籍が多くなってきており、これの省スペース化をしたいと思ってます。
電子書籍化は色々とハードルが高いので、昔はアナログで、抜粋したものをファイリングみたいなことをやってました。
今回も同じことをやろうと思ってるんですが、昔やった時みたいにカッターでいちいち切るのは面倒だなと思い、ちょっと調べてみると大型裁断機がありました。昔学校で見たやつ。
結構安いんだなーと。定価は2万だけど。
普通のカッターよりはさすがに桁違いですが、切れ味も桁違いなのでこれを使ってみようかなと思います。

影山ヒロノブが女々しくて


何か見つけたw
歌はさすがの上手さなんだけど、何だろう、「お父さんに無理やり歌わせてみた」感がすごいww

1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  古 >>